キネマ旬報の「名作誕生秘話」

メイキングとは直接関係ないのですが、若松監督関連のイベントで
ご案内です。

キネマ旬報の主催する講座で、若松監督が
プロデューサーを務めた「愛のコリーダ」(大島渚監督)の
「名作誕生秘話」が聞けるとのこと。
傑作の裏話、ぜひ聞いてみてください。

日程 2009/6/13 (土)
時間 土曜日 13:20〜14:50
受講料 2,500円

http://www.josai.jp/lifelong/ex/movie/090401.html

申し込み:城西エクステンション・プログラム事務局
電話受付時間
月〜土 10:00〜18:00 日・祝祭日休
TEL:03-6238-1400
FAX:03-6238-1399
E-mail:kioiclub@jiu.ac.p
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-26
城西大学 城西国際大学 東京紀尾井町キャンパス

横浜、黄金町の映画館シネマジャック&ベティの
<ドキュメンタリー・ゴールデンウィーク>で
メイキング担当の竹藤佳世監督作品「半身反義」が上映されます。
それに伴い、2008年の「実録・連合赤軍」劇場公開時に上映された
「GUN AWAY!〜実録・連合赤軍メイキング〜」も1年ぶりの
上映の機会がありますので、ぜひ足をお運び下さい。


■シネマジャック&ベティ「半身反義」上映
5/2(土)〜5/8(金)連日16:00〜17:30 Cafe シアターにて
ワンドリンク付き料金
通常:一般1500円、大高1200円 小中シニア1000円
会員:一般1200円、大高1000円 小中シニア1000円

ゲストとのトークなどのイベントがあります。


【5/2(土)】
上映後、松江哲明監督、竹藤佳世によるトークショーあり。
※「童貞。をプロデュース」の半券でもご入場いただけます。


【5/4(月・祝)】
上映後、17:45より「GUN AWAY!実録・連合赤軍メイキング」
(撮影・編集:竹藤佳世)特別上映。
 ※別料金:一般1500円、大高1200円 小中シニア1000円
上映後、塩見孝也氏(元赤軍派議長)、竹藤佳世によるトークショーあり。


【5/6(水・祝)】
上映後、中村高寛監督(「ヨコハマメリー」)、竹藤佳世によるトークショーあり。

TEL:045-243-9800 http://www.jackandbetty.net/


■渋谷、アップリンク・ファクトリーでも「半身反義」のイベント上映があります

5/10(日)開場17:30 開演18:00 一般1500円

上映後、マエキタミヤコ氏(クリエイティブディレクター、「サステナ」代表)、

竹藤佳世監督によるトークショーあり。

tel.03-6825-5502 http://www.uplink.co.jp/factory/

※横浜、渋谷とも会場の都合により、ビデオでの上映になります。

お知らせ

red_making2008-07-26

実録・連合赤軍 メイキング GUN AWAY!」、
たくさんのお客様にみていただき、ありがとうございました。

メイキング・ディレクターの不肖、竹藤佳世が長編第一作を
現在公開中です。

もし「GUN AWAY!」を気に入っていただけたら
ぜひ、こちらも宜しくお願いします。

===============================================

竹藤佳世監督作品 「半身反義」(はんしんはんぎ) 

2007年/日本/90min/35mm/カラー
2008年ロッテルダム国際映画祭 招待作品
2008年7月5日(土)より、池袋シネマ・ロサにてレイトショー
 ⇒8月1日(金)まで (大阪など順次公開予定)

◆「半身反義」(はんしんはんぎ)紹介◆
  「東京オリンピック」(1965年・監督部)、「日本万国博」(1971年・監督)などの演出家・山岸達児が
2003年春に脳梗塞で倒れた・・・。
映画は、奇跡的に意識が回復したものの、半身不随になってしまった山岸に、
女性映像作家・竹藤佳世がカメラを向けるところから始まる。老いや病、入院生活など、
その厳しい現実問題に直面しながらも、山岸はまだ映画を撮りたいと告白する。
 二人はカメラを通して、山岸が生きてきた「昭和の記憶」を蘇らせようとする。
それはかつて夢と希望の象徴だった「未来」のイメージの源泉をたどる旅でもあった。
 男と女、老人と若者、見る者と見られる者・・・ 現実にがんじがらめにされた
「半身」は「心の自由」を取り戻せるのか?どんなに年をとってもきえない、
人間の生への渇望を、女性の視点から見つめた一篇。


◆監督紹介◆
 監督は、「骨肉思考」(イメージフォーラムフェスティバル98大賞)の竹藤佳世。
自主制作映画から「殯の森」(監督:河除剪シ美)の監督助手、「実録・連合赤軍」(監督:若松孝ニ)の
メイキングを経て、長編第一作を完成。

<作品へのコメントより抜粋>
☆カメラは人の姿は写すことができるが、心の中にふみこむことはできないと言われている。
しかし、この映画は、心の中へ一歩ふみこんでいる。 新藤兼人 (映画監督)

■「半身反義」イベント情報■  at 池袋シネマロサ 
<監督とゲストによるトーク> ※ゲストは都合により変更になる場合があります。

7月 5日(土) 出演者・監督による初日舞台挨拶あり
7月 6日(日) ゲスト 新藤風さん(映画監督『転がれ!たま子』)
7月 7日(月) ゲスト 香山リカさん(精神科医
7月10日(木) ゲスト 大嶋拓さん(映画監督『凍える鏡』)
7月11日(金) ゲスト 成瀬活雄さん(映画監督『不機嫌な果実』脚本家)
7月12日(土) ゲスト 丹下紘希さん(映像/クリエイティブディレクター)
7月13日(日) ゲスト 大木裕之さん(映像作家)
7月17日(木) ゲスト 井上リサさん (医学史・医学概論研究者)
7月18日(金) 竹藤監督による舞台挨拶/秘蔵メイキング映像を上映
7月19日(土) ゲスト かわなかのぶひろさん (映像作家)
7月20日(日) ゲスト 切通理作さん (文化批評)
7月21日(月・祝) ゲスト 原一男さん (映画監督『またの日の千華』)
7月22日(火) ゲスト 港千尋さん (写真家)
7月25日(金) ゲスト 山本政志さん (映画監督『聴かれた女』)
7月26日(土) ゲスト 小田マサノリさん (イルコモンズ)
7月27日(日) ゲスト 萩原朔美さん (映像作家)
7月28日(月) ゲスト 上野昴志さん (映画評論家)

<スピンオフ企画 「その後の半身反義」>本編上映後、ショートムービー上映+トーク
協力:HogaHolic http://www.holic-mag.com/hoga/
完成した映画を出演した山岸に見せにいった竹藤。そこでカメラが捉えたものは・・・。
映画のあとも人生は続いていく。
vol1:7月15日(火)「吉田裕亮(「HogaHolic」映像クリエイター)が撮る竹藤佳世」
vol2:7月29日(火)「再び、竹藤佳世が撮る山岸達児」
                                 
「半身反義」公式サイト http://hanshinhangi.com/
「半身反義」mixiコミュ http://mixi.jp/view_community.pl?id=2636484

どうぞ宜しくお願いします。

第3回上映

5/15、アップリンクファクトリーでの上映もおかげさまで無事終了することができました。
足を運んでいただいた皆さま、ありがとうございました。

出演者の方も4名駆けつけていただき、上映後のトークにも参加していただきました。

ご来場いただいたのは
吉野雅邦役の菟田高城さん、青砥幹夫役の伊達建士さん、
小嶋和子役の宮原真琴さん、進藤隆三郎役の粕谷佳五さん
です。
ありがとうございました。

いよいよファイナル?!

red_making2008-05-13

おかげさまで無事「報道特集NEXT」のオンエアも終わりました。
昨年からスタートし、ベルリンからベイルートまで若松監督を
追いかけた企画。
実録・連合赤軍」本篇を撮影した辻智彦キャメラマンにも
協力していただき、何とか形になりました。ありがとうございました。

今回の旅で、初めて中東を訪ねたことで、いろいろ考えることもあり、
旅日記でも書こうと思いつつ、
もうメイキングの追加上映まであと少しになってしまいました。


ちなみに、メイキングには、いくつかバージョンがあります。
ちょっと整理しておくと・・・

其の1: 昨年11月からの、テアトル新宿でのオールナイトイベントにあわせて作った
「GUN AWAY!」vol.1〜4。
これは最長でも30分、最短だと16分の短いメイキングです。

ちなみに、サブタイトルはこんな感じ。
vol.1 「若松連合赤軍・始動!篇」
vol.2 「激闘!山岳ベース篇」
vol.3 「壮絶!総括の行方篇」
vol.4 「死闘!あさま山荘篇」

これらは、公開前のプロモーション用で、現場の紹介中心です。
11月から2月のイベントまで全回くると、公開前に全容を知ることができる!
って、いう企画ですね。
大阪などでは、現在、若松監督の特集上映とセットで見れたりするみたいです。


其の2: 今回アップリンクで上映している「GUN AWAY!」ロングバージョン。
其の1をベースにはしていますが、当初からの監督とのお約束により、
竹藤なりの距離感で、映画の現場に密着した、ドキュメントムービーとして作らせて
いただきました。
インタビュー等、プロモーション用では入れていない要素もあり、
構成・撮影・編集とも、竹藤がしたものです。


其の3: メイキングで竹藤が撮影した素材自体は、今後も、若松監督の講演や
映画のプロモーションで別の形ででてくることもあると思いますが、
それは時々に応じて、若松プロで編集されると思います。
よって、竹藤編集とか、作品というようなものではないです。


と、いう感じですが、竹藤版の「GUN AWAY!」については、とりあえず
今回の上映が最後になるんじゃないかと思います。
もしどうしても上映したい!っていうところがあったら・・、連絡下さい?!



実録・連合赤軍」メイキング 「GUN AWAY!」 
追加上映:5/15(木)開場18:00 開演18:30 
料金1500円(1ドリンク付)

場所:アップリンクファクトリ-(渋谷)
http://www.uplink.co.jp/top.php

ゲストには菟田高城、粕谷圭吾さん始め、出演者の方をお迎えして
上映後にトークをしていきたいと思います。

※出演者の方に関しては、お仕事等の都合上、変更になる場合もありますので
ご了承下さい。

5月3日(土)、「報道特集NEXT」(午後5:30〜 TBS系列)の中の
「特集」にご注目下さい!

http://www.tbs.co.jp/houtoku/